1. HOME
  2. 教育活動

教育活動

(PDF)医療コミュニケーション学分野紹介資料

学部

当教室の教育は、大学院が主体です。

東京大学医学部医学科の医療情報学講義において、「医学文献情報学」を担当しています。

大学院

下記の枠で、大学院に入学して、当教室で研究が可能です。
課程名称 公共健康医学専攻
(専門職大学院)
社会医学専攻 健康科学・看護学専攻
区分 専門職修士課程 博士課程 博士課程
取得できる
学位の名称
公衆衛生学修士 博士(医学) 博士(保健学)
修業年限 2年または1年
(実務経験による)
4年 3年
受験資格の
概要
大学卒業等 医学部医学科卒業者:大学卒業
他学科出身者:大学院修士課程修了者
大学院修士課程修了者

公共健康医学専攻における講義・実習

*東京大学・東京大学大学院に学生、研究生として在籍の方は、医学系研究科公共健康医学専攻以外の方も、受講できる可能性があります。医学系研究科大学院係にご照会ください。所属の学部、大学院で、医療コミュニケーション学講義、実習が履修単位として、認定されるかどうかについては、所属の学部、大学院の担当係にご相談ください。

教室行事

*東京大学・東京大学大学院在籍の方は、受講できる可能性がありますのでご相談ください。

最新情報は医療コミュニケーション学教室Wiki(医療コミュニケーション勉強会)からお願い致します。

1.医療コミュニケーション学症読会・輪読会Ⅰ(偶数年は火曜・奇数年は木曜:午前10時半-12時)

1)医療コミュニケーション学関係の論文の精読(1本)
2)医療コミュニケーション学の入門的英文書籍を輪読
3)研究計画、論文などの検討

これまでに輪読で使用した書籍
2008/04  Glanz K, Rimer BK, Lewis FM (editors). Health Behavior and Health Education - Theory, Research, Practice 3rd edition, 2002
2008/09 John W. Creswell. Research Design: Qualitative, Quantitative, and Mixed Methods Approaches, 2008
2009/01 Athena du Pre. Communicating about health - Current Issues and Perspectives 2nd edition, 2005
2009/04 Philip Kotler, Nancy R. Lee. Social Marketing: Influencing Behaviors for Good. Saga Publications 2007.
2009/09 Parker JC, Thorson E. Health Communication in the New Media Landscape. Springer Publisher. 2009.
2010/04 Athena Du Pre. Communicating About Health: Current Issues and Perspectives 3rd edition. Oxford Univ. Press 2009
2011/04 John W. Creswell. Research Design: Qualitative, Quantitative, and Mixed Methods Approaches, 3rd edition. Sage Publications, 2009
2011/10 Claudia Parvanta, David E. Nelson, Sarah A. Parvanta, Richard N. Harner.Essentials of Public Health Communication. Jones & Bartlett Pub; 1版 2010.
2012/04 Athena Du Pre. Communicating About Health: Current Issues and Perspectives. 3rd edition. Oxford Univ. Press 2009
2013/04 John W. Creswell. Research Design: Qualitative, Quantitative, and Mixed Methods Approaches, 3rd edition. Sage Publications, 2009
2014/04 Athena Du Pre. Communicating About Health: Current Issues and Perspectives. 4rd edition. Oxford Univ. Press 2013

2.医療コミュニケーション学症読会・輪読会II(現在お休み中です)

1)医療コミュニケーション学の専門論文の症読(4本程度)
2)医療コミュニケーション学の専門英文書を輪読

これまでに輪読で使用した書籍
2007/04  Thompson TL, Dorsey A, Miller K, Parrott R. Handbook of Health Communication (Lea's Communication Series), 2003
2007/09 Schiavo R. Health Communication Health -Communication: From Theory to Practice, 2007
2008/04 Mattelart A, Mattelart M. Theories of Communication - Short Introduction 4th edition, 1998
2008/09 Ron Cody. Learning SAS by Example: A Programmer's Guide, 2007
2009/04 Arvind Singhal. Entertainment Education - A Communication Strategy for Social Change, 1999.
2009/09 Anthony Giddens. Sociology(6th edition), 2009
2010/04 Glanz K, Rimer B, Viswanath K. Health Behavior and Health Education: Theory, Research, and Practice,
2011/04 William C. Cockerham. Medical Sociology, 11th ed. 2010

3.医療コミュニケーション学学生自主勉強会(現在お休み中です)

原則として日本語文献を学生のみで輪読

2008/04  心理統計学の基礎1
2008/05 Christine Zarcadoolas、Andrew F Pleasant、David S Greer. Advancing. Health Literacy: A Framework for Understanding And Action, 2006
2008/09 佐久間淳一、町田健、加藤 重広. 言語学入門―これから始める人のための入門書, 2004
2009/01 末田 清子、福田 浩子. コミュニケーション学―その展望と視点, 2003
2009/04 John W. Creswell. Research Design: Qualitative, Quantitative, and Mixed Methods Approaches, 2008
2009/09 自主教材によるSAS演習
2009/01 Matthews DE, Farewell VT. 実践医学統計学 (統計ライブラリー)、朝倉書店、22005(翻訳)宮原 英夫 , 小田 英世, 森田 智視, 折笠 秀樹, 手良向 聡

推奨教科書

ヘルスコミュニケーション学一般 Athena du Pre. Communicating about health - Current Issues and Perspectives, 2005
人文・社会科学研究法 John W. Creswell. Research Design: Qualitative, Quantitative, and Mixed Methods Approaches, 2008
ソーシャルマーケティング Philip Kotler, Nancy R. Lee. Social Marketing: Influencing Behaviors for Good. Saga Publications 2007.
健康行動変容の理論 Karen Glanz, Barbara K. Rimer, K. Viswanath. Health Behavior and Health Education: Theory, Research, and Practice, 2008
統計学 Matthews DE, Farewell VT. Using and understanding medical statistics 4th ed.
統計パッケージSAS Ron Cody. Learning SAS by Example: A Programmer's Guide, 2007

Page Top