医学情報・医療情報 UMIN[ELBIS FAQ] 既に多くの学会がUMINのオンライン演題登録システムを利用していますが、WWW上に掲載された各種のオンライン演題登録に関する注意事項・説明の著作権はどうなっているのでしょうか。各学会で、他の学会のものをコピーしている例がほとんどのようですが。

オンライン演題登録システムFAQ(学会担当者用)


7-12. 既に多くの学会がUMINのオンライン演題登録システムを利用していますが、WWW上に掲載された各種のオンライン演題登録に関する注意事項・説明の著作権はどうなっているのでしょうか。各学会で、他の学会のものをコピーしている例がほとんどのようですが。
ホームページに掲載されている各種のオンライン演題登録に関する注意事項・説明は、元をたどると、第1回目にオンライン演題登録を行った第62回日本循環器学会総会(会長 東大循環器内科矢崎教授)事務局の作成したものに行き着きます。1回目に作成された注意事項・説明に、少しつづ付け加えたり、削ったりして、注意事項・説明が作られてきました。1回目に記載された注意事項・説明については、転用の許可を頂いておりますが、それ以降については特に頂いておりません。いろいろと改変・改良が続いて、誰がオリジナリティを主張できるのかわからない状況になっています。各学会では、営利目的で学術集会を開いているわけではありませんし、これらの記載事項についてある学会が権利を主張したとしても、他の学会は別に書きおこせばよいだけの話ですから、あまり利益がありません。現実的にコピー・転用しても問題がないと思われます(この件については、UMINセンターとして責任は負えませんが)。尚、UMINホームページに掲載されている演題登録についての説明・解説を、各学術集会事務局がUMINのオンライン学術集会演題抄録登録システムの利用に資する目的でコピー・改変してホームページに掲載することは差し支えありません。