医学情報・医療情報 UMIN システム運用のご案内

はじめに

UMINでは医学・生物学関連の学会運営の総合的な支援と学術情報の整備を目指して各種のシステムの開発と運用を行っております。 本システムは、継続運用の場合には新たにソフトを作成する必要がほとんどなく打ち合わせやテスト等の労力が少なくてすみます。 また、システムの運用に関しては、学会運営委託業者に管理を委託していただくことも可能です。
さらに、本システムでは各学会の演題登録として集まった書誌情報(演題名、著者名、所属機関名の情報)をデータベース検索システムとリンクさせ、インターネットを利用して無料で提供いたしております。 本システムを継続してご利用いただくことにより医学・生物学分野の学術情報の整備と医学・生物学関係者の支援にもつながると考えております。 多くの学会、研究会様にご利用いただけますよう今後も機能を充実して参ります。是非ご利用ください。

個人情報の取り扱いについて

演題登録システムにおいては、ご利用団体の担当者の方および査読者(オンライン査読利用時)の方の 個人情報の取り扱いについて以下の文書をご一読くださいますようお願いいたします。

ご利用にあたって

本システムのご利用には各大会毎に申請手続きが必要です。 2回目以降のご利用の際には、上記の継続利用申請手続きをお忘れのないようにお願いいたします。

システムの特徴

その他、詳しくはFAQをご参照ください。

利用条件

本システムは、医学・生物学関連の学会・研究会様が対象となります。

新規利用:該当の学術集会において、本システムが初めての利用となるの場合

継続利用:該当の学術集会において、過去に1回でも利用したことがある場合

利用申し込み期限

新規利用:演題登録開始予定日の4ヶ月前まで(最低予想演題数が300演題未満~150演題以上の場合には6ヶ月前まで)
継続利用:演題登録開始予定日の2ヶ月前まで

利用申し込み方法

ご利用のお申込みはこちらのページの申し込み用書類をご提出ください。 なお、継続利用の場合にはオンライン申請となります。

注意事項

  1. 本システムのお申し込みは、学術集会開催を会員へ公示する前にお申込みください
  2. 演題登録の締切日は、祝日の前後ではない平日の火曜日から木曜日にて設定してください
    こちらは、システムに障害が発生した際に対応が遅れたり、サーバの保守等によりサービスが停止になる場合があるためです。
  3. お申込みいただくと、UMINセンターより1週間以内に電子メールにてご連絡差し上げます。 1週間たってもUMINセンターより連絡がない場合には、必ずUMINセンターまでお問い合わせください

申し込みから運用までの流れ

手順 時期 担当 作業
学会 UMIN
1 新規利用申請書、システム設定オプション記入シートの提出(※新規の場合のみ)
2 お申込みから1週間前後 打ち合わせ日時の調整(※新規の場合のみ、打ち合わせを希望する場合のみ)
3 打ち合わせ(演題登録システムのご説明等)
4 演題登録システムのオンライン申請(※継続の場合のみ)
5 連絡用メーリングリストの作成
6 演題募集要項の確認(※必ず公示する前に確認させてください)
7 演題募集要項の公示
演題募集要項等を掲載したホームページの開設
8 演題登録用プログラムの開発
9 UMIN内部スタッフによる内部テスト、プログラムの改修・改良
10 演題テスト画面作成希望日(申請日から1ヶ月後以降) テスト画面のご案内
11 学会担当者による外部テスト
12 登録開始1ヶ月前 一般公開によるテスト(一般公開を行う場合のみ)
13 テスト結果による修正依頼(原則、修正の期日は本番開始2週間前迄となります。)
14 UMIN内部スタッフによるテスト画面修正
15 学会担当者による外部テスト(修正が反映しているか意図した動作かご確認ください。)
16 UMIN内部スタッフによる最終テスト
17 登録開始日 演題登録の開始
18 紙投稿分の代理入力、定期バックアップの取得
19 登録締切り日 演題登録の締切り
ホームページから演題登録システムへのリンク削除、締切りのアナウンス
演題登録システムの締切り処理
20 登録された演題のダウンロード(CSV、リッチテキスト)
演題の査読、採択
21 採択演題のダウンロード(CSV、リッチテキスト)
22 採択演題のホームページへの掲載
23 学術集会終了後 UMIN医療・生物学系電子図書館(ELBIS)への掲載

演題登録システム デモプログラム

デモ用の演題登録システムを参考例として掲載いたします。 管理者画面を含め、ご自由にご利用ください。

新規登録画面

新規に演題を登録する画面

確認・修正画面

登録した演題の内容確認および、内容修正する画面。
演題の登録時に発行された登録番号と、設定したパスワードが必要になります。

管理画面(UMIN登録者限定)

登録された演題の内容確認および、各種データ処理を行うための画面。
実際の運用では、専用のUMIN IDとパスワードでのみアクセスが可能となります。

オンライン査読画面(UMIN登録者限定)

登録された演題の査読を行うための画面
実際の運用では、割り当てられた査読者のみアクセスが可能となります。

採択演題検索画面

採択された演題の書誌情報および、発表セッション情報の確認画面。