医学情報・医療情報 UMIN
UMIN 医学研究支援(症例登録割付)システムクラウド版[INDICE cloud]
UMIN Internet Data and Information system for Clinical and Epidemiological research, Cloud version


お知らせ

【2017/07/01】UMIN 医学研究支援・割付登録システムクラウド版(INDICE cloud)をリリースいたしました。

【2017/12/20】UMIN 医学研究支援・症例登録システムクラウド版(INDICE cloud)システムにupdateいたしました。

【2018/08/21】症例削除後の動作不具合を修正いたしました。

【2019/09/26】ユーザー・インターフェース・デザインの変更を行いました。

【2021/02/17】システムアップデートいたしました。(運用開始後の画面追加・項目追加、割付確率の設定、その他機能拡充)

UMIN 医学研究支援(症例登録割付)システムクラウド版[INDICE cloud]概要

研究プロジェクトの画面作成、設定を行う事ができ、症例登録およびCRFデータ収集等のデータベースの作成が行えます。
従来はUMINに設定事項等お送りいただいた上、センター側で制作しておりましたが、クラウド版はUMINへの申請は必要なく、ご自身で作成が可能です。 また、INDICE Standardサービスでは100症例以下の予定症例登録件数の場合、お受けすることができませんでしたが、クラウド版ではご利用が可能になりました。

INDICE cloudとは

クラウド版は容易に登録フォームの作成が行える無料ソフトです。申請・審査等はありませんので、即日運用可能です。
運用・管理はプロジェクト管理者様の責任となりますので、予めご了承ください。
スタンダード版は利用申請・審査・開発費等が必要となりますが、プロジェクト独自のフォームを当センターで作製致します。

対応可能な研究デザイン等

対象とする研究:臨床試験、症例登録、疫学研究等
割付群数:単群(割付なし)もしくは2群
割付方法:完全無作為化法または最小化法
登録(割付)画面数:1画面まで(1画面当たりデータ項目数は最大200項目)
経過記録画面数:最大98画面まで(1画面当たりデータ項目数は最大200項目)

お問い合わせ/FAQ/利用規約

お問い合わせはこちらから[お問い合わせ]

よく伺うご質問など[FAQ]

利用規約[INDICE Cloud 利用規約]

チュートリアル
プレゼン資料(PDF) ≪INDICE Cloud早わかりプレゼン資料≫≪INDICE Cloudプレゼン資料≫
HTML版 ≪HTML版手順書≫ ※プロジェクト運用までの工程をより詳しくご説明しております。
YouTube版 作成から終了までの流れ(9:15)
新規プロジェクト作成(3:51)
1.プロジェクト基本情報の管理(1:46) 5.施設管理(3:51)
2.画面設定(3:09) 6.利用者管理(2:28)
2-1.項目設定(14:38) 7.メニュー画面(3:25)
3.結果一覧画面設定(1:28) 8.状態変更画面(1:54)
4.割付設定(1:22) 9.削除申請一覧画面&プロジェクト終了(2:13)

上記YouTubeは (UMIN Center) から一覧表示して視聴できます。
尚、配信動画は初期段階での画面デザインにて作成しております。
現行と表示色等が違っておりますが、操作方法に変更はございません。ご了承のほどお願いいたします。

一般利用者用マニュアル
pptxファイル ≪研究参加者用操作手順(簡易版)≫
※ダウンロードの上、研究事務局にて修正いただき、ご使用くださいませ

ご利用になる方へ

プロジェクト管理者

プロジェクト管理者とは、プロジェクトの基本情報、画面の作成、設定、プロジェクトの運用管理を行います。

プロジェクト管理者

URL:https://idc.umin.ac.jp/cgi-bin/idc_cloud/admin/proj_list.cgi


登録画面作成など運用までの作業につきましては ≪HTML版手順書≫ をご確認ください。

一般利用者

自身が所属しているプロジェクト一覧が確認でき【ログイン】ボタンから症例登録作業が行えます。

一般利用者

URL:https://idc.umin.ac.jp/cgi-bin/idc_cloud/project/index.cgi