医学情報・医療情報 UMINumin.orgメール転送設定

umin.orgメール転送設定についての注意事項

転送設定「メールの保存」について

メールの保存項目【保存する】を選択した場合、umin.orgのディスク利用容量を管理いただく必要がございます。 ディスク利用容量の制限値を超えてしまった場合メールの受信が出来なくなりますのでご注意ください。

ディスク利用容量は以下のリンクからご確認いただけます。(ログインしたUMIN IDのメール利用状況が表示されます)

定期的に利用容量をご確認いただき、最大値の85%を目安に溜めこみすぎないように自己管理をお願い致します。

転送設定後のテストについて

転送設定後に必ずテストを行い設定が正しいことをご確認ください。

空メールでのテストはできません。必ず件名と本文に文章を入れて送信してください。

【Gmailご利用の方】転送設定後のテストについて

転送先にGmailアドレスを設定いただくことは可能です。

但し、転送設定後に転送確認のテストを行う場合、“転送設定したGmailアドレス”を使ってumin.org宛に配信しても “転送設定したGmailアドレス”で受け取ることができません。これはGmail側の仕様となっております。
転送確認の際は、umin.ac.jpのWebメールからお試しください。

@umin.orgメール転送設定画面(UMIN IDとパスワードが必要になります)

パスワードを忘れてしまった場合(「個人の認証に失敗しました。」が表示される場合)

UMIN ID・パスワードのご案内ページの「パスワード文字列を忘れた」より画面に従ってパスワード更新を行ってください。