国立大学附属病院長会議
大学病院医療情報ネットワーク協議会
BACK TOP
センターTOP UMINとは何か 沿革 運営組織 サービス内容等 利用統計

 
 全国の国立大学病院の代表として、13大学(医科系11、歯科系2)から運営委員が派遣されています。その他に職能代表として、薬剤部長会議、看護部長会議、検査部門の代表が運営委員となっています。その他に各専門分野の問題は検討する機関として、事務小委員会薬剤小委員会看護小委員会検査小委員会技術小委員会等の小委員会が設置されています。また、この他に各国立大学病院に兼任のUMIN担当者が設置されており、ユーザアカウントの管理やユーザサポートを行っています。

 UMINの実務的な活動の中心となるのは、大学病院医療情報ネットワーク研究センター(UMINセンター)です。UMINセンターには、常勤職員は教官1名だけですが、その他に4名のシステムエンジニア、1名のオペレータ、1名の事務補佐員が勤務しています。常勤職員は教官1名だけであり、1名の事務補佐員の他は、すべて外部の派遣会社の社員であり、究極のアウトソーシングといえる。その他に、常時、5−6名程度のシステムエンジニア・プログラマーがセンターに常駐して、プログラム開発を行っている。

国立大学附属病院長会議
大学病院医療情報ネットワーク協議会幹事会
(旧 UMIN運営委員会)

*協議会長 松村 泰志
 <<歴代協議会長・旧UMIN運営委員長>>
ホームページ  名簿
(議事録)
大学病院医療情報ネットワーク研究センター
*センター長 木内貴弘[東京大学]
ホームページ 名簿
事務小委員会
*小委員長 西川 憲司[大阪大学]
ホームページ  名簿
薬剤小委員会
*小委員長 守口 淑秀[愛媛大学]
ホームページ  名簿
看護小委員会
*小委員長 小見山 智恵子[東京大学]
ホームページ  名簿
各国立大学病院UMIN担当者 ホームページ  名簿
各公私立大学病院UMIN担当者 ホームページ  名簿