ELBIS オンライン論文投稿・査読システム(JOERS) FAQ

編集者用:JOERS汎用

BACK TOP
本FAQは、JOERS汎用です。各雑誌の運用に依存しない部分について記述しています。雑誌毎の運用に依存する部分について、雑誌毎のFAQをご参照願います。

編集者によるパスワードの変更方法を教えてください。

編集者によるパスワード変更方法の手順は以下になります。
  1. 編集管理システム画面を開く。
  2. 論文検索・処理の画面より、該当論文の【処理】欄で[論文修正]を選択し、【処理】ボタンをクリックする。
  3. [パスワードの変更]にて、変更処理を行う。
  4. 「パスワードを設定しました」との表示がでれば完了です。


投稿者が、パスワードを忘れた場合の対応を教えてください。
※編集者が代理登録した論文のパスワードも同様です。

パスワードはセキュリティ上、編集事務局、UMINセンターでも確認できない設定としております。 そのため、不明になってしまった場合の対応策としては、編集管理システム画面にて、該当論文のパスワードを別なものに更新し、 ご本人確認の上、変更後のパスワードをご連絡ください。但し、投稿者へパスワードを通知するかどうかについては、編集事務局様のご判断にお任せしております。


JOERS IDで設定した査読者の場合,査読用のJOERS IDとそのパスワードは事務局(編集者)が別途連絡するのでしょうか。

はい。その通りです。JOERS IDで査読者を追加した場合は事務局(編集者)より別途ご連絡してください。なお、査読者宛の査読依頼メールには、デフォルトで査読用(UMIN IDまたは、JOERS ID)のみ記載してあります。


JOERS IDで査読した場合とUMIN IDで査読した場合では、違いが生じますか。

UMIN IDとJOERS IDの査読による違いございません


主査が、副査の査読が終了していることを確認する方法を教えてください。

主査のみ査読画面にて確認ができます。
主査が査読画面にアクセスすると【他者の評価(主査のみ)】項目欄の「参照」にリンクがされていますので、この「参照」をクリックすると副査の査読状況が確認できます。


投稿された論文について、投稿者より図表等を間違えたため修正したいとの連絡がきました。
この場合の処理を教えてください。

投稿後の論文修正を受け付ける場合には、以下のような処理の流れで対応可能です。
  1. 【編集者処理】当該論文の「例外処理」で状態を”投稿中”または、”改訂中”に戻す。
  2. 【編集者処理】投稿者へ更新可能になった旨を連絡する。
  3. 【投稿者処理】投稿者は、投稿(更新)画面に整理番号とパスワードにてアクセスし修正する。
  4. 【投稿者処理】投稿完了。
  5. =編集者へ投稿通知が自動送信される=
  6. 【編集者処理】再度、通常の受付処理から行う。


査読画面にて、別な査読者名を挙げる欄を設けることは可能ですか。

はい。可能です。
査読画面の評価ページにテキスト欄かテキストエリア欄を設けることができます。


査読者から編集者へのコメント欄は何字まで入力可能ですか.

査読者→編集者、査読者→著者、著者→編集者など、コメント欄はすべて全角1500文字まで入力可能です。
なお、貴雑誌にて独自に設定した項目については、全角2000文字まで可能です。


査読画面で、査読者がワードで作成したコメントを論文のようにアップロードする機能はありますか。

現在は、ありません。 本システムでは、評価ページで入力するのみとなります。(こちら参照)


PDFに変換された論文に、行やページにナンバリングを付すことは可能ですか。

WORDファイルでアップロードされた論文をPDFへ変換する時点で、ページ等のナンバリングを付与することはできません。必要な場合には、ナンバリングした論文ファイルをアップロードするよう、論文記載要領などにご記載願います。


査読者から編集者、著者への連絡はどのようにするのでしょうか。

査読画面の評価ページに、編集者へコメントする項目と著者へコメントする項目がありますので、査読者はこちらに入力いたします。

査読が完了すると、メールで編集者へ通知がきますので、編集者は編集管理システムより、査読者からのコメントを確認いたします。


主査・副査版の査読画面を利用した場合でも、査読者(主査・副査)の割当はすべて編集管理システムでの処理になりますか。主査が副査を割当てることはできますか。

はい。査読者の割当ては、すべて編集者が編集管理システムでのみ処理が可能です。
主査が副査を割当てすることはできません。


主査が副査の割当てを行っているのですが、その場合はどのように対応したらいいでしょうか。

査読者より編集者へメール等にて、割当てる副査についてご連絡をいただき、編集者が代理で編集管理システムにて当該論文の査読者割当てを行ってください。


主査・副査版の査読画面の場合、査読者が参照する項目は同じですか。

はい。現在のシステでは共通となっています。


査読者への"査読依頼メール"は、何度でも送信可能ですか。

はい。 編集管理システムの[査読者割当]から行うメール送信は、何度でも送信可能です。


UMIN IDを持っていない外国の方などへ査読を依頼する場合はどうしたらいいのでしょうか。

本システムのみで使用可能な査読者ID(JOERS ID)をご利用ください。
このIDは、編集管理システムにて発行することができます。


『エラー情報:ブラウザエラー』と表示されシステムを利用するこことができません。

こちらを参照ください。


査読画面につついて、査読期限以降は、査読者がアクセスできないようにしている雑誌もあるそうですが、UMINのシステムではそのような設定は可能でしょうか?

本システムでは出来ません。本システムでは、査読期限をすぎても査読がされていない場合には、督促メールを自動で配信する機能が付いております。この機能は、編集管理システムの【通知設定】の「査読督促 」欄にて設定が可能です。


著者が改訂版を投稿する場合、査読者へのコメントはどのようにするのでしょうか?

投稿(更新用)画面 のカバーレターに、査読者へのコメント入力欄がございます。そちらにご入力ください。


査読者が著者へコメントする場合、PDFファイルの論文に直接書き込むことはできますか?

出来ません。査読者が著者へコメントする場合には、査読画面の「著者への意見・問題点の指摘・訂正事項欄」の項目(項目名称は雑誌により異なります)ご入力ください。


コメント欄に入力する際、改行キー(Enterキー)は有効ですか。また、ボールド,イタリック,下線などのHTMLタグは使用できますか?

コメント欄は、Enterキーが有効です。 改行したい場合には、Enterキーを押してください。
しかし、<B>、<I>、<U>といった文字装飾のHTMLタグは許可しておりません。
また、下記項目(項目名称は雑誌により異なります)などもコメント欄扱いとなります。

 ■査読画面において
  ●副査から主査への連絡事項
  ●査読者から著者への意見・問題点の指摘・訂正事項欄
  ●Editor-in-Chief への連絡事項


査読者が査読依頼メールを削除してしまった場合など、再度、査読依頼メールを送信することは可能ですか?

編集管理システムの[査読者割当]から行うメール送信は、何度でも送信可能です。


どの状態になっている論文でも、「表示・特殊処理」、「論文修正」という処理が選択できるようになっています。このことの意味を教えてください。

「表示・特殊処理」と「論文修正」は、論文がたとえどのような状態にある場合でも必要となる可能性があります。このため、原則として論文がどのような状態であっても選択できるようになっています。

「表示・特殊処理」の第1の機能は論文を表示することです。これは、論文がどのような状態のときでも必要な処理です。第2の機能は、特殊処理にあります。特殊処理には、取り下げ(投稿者からの依頼による投稿の中止)、削除(編集者側の判断による投稿の中止)、例外的な状態の変更(通常、論文の状態は決められた順序で変更されますが、間違って変えてしまった状態をか戻したい場合等)等があります。これらの処理もどの状態に論文があってもできるようにする必要があります。

「論文修正」は、文字とおり論文の修正です。わずかな修正の場合に、編集者が常時自分で修正できるようにするための機能です。この機能がないと、わずかな修正でもいちいち投稿者に修正を依頼しないといけなくなります。


論文が「投稿中」の場合には、「表示・特殊処理」、「論文修正」しか、処理を選択できません。どうしてでしょうか。

「投稿中」、「改訂中」とは、基本的に投稿者側が投稿作業をしている状態です。具体的には、以下の2つの場合です。「投稿中」、「改訂中」の状態を次の状態(「受付処理中」)に変更させるには、投稿者側の行為(具体的には、「投稿」ボタンのクリック)です。従って、基本的に編集者側では、例外的な状況を除いては、投稿者の行為を待つ以外にやることはありません。

1)新規に論文投稿を始めているが完了していない場合

投稿者が新たに論文を投稿する作業を行っているが、まだ「投稿」ボタンをクリックしていない。このため、JOERSシステム上には、論文の一部が既にアップロードされているが、投稿作業は完了してない。

2)改訂を要求されているが、まだ再投稿が完了していない場合

投稿者が、編集者から論文の改訂を要求されているが、まだ再投稿を始めていないか、もしくは再投稿作業を始めているがまだ「投稿」ボタンをクリックしていないので、再投稿が完了していない。


編集者は、複数名がなることができるのでしょうか。

複数選任可能です。ただし、まったく同じ権限を持ちますので、重複作業を防ぐために、お互いの作業分担の調整は必要です。


投稿画面、査読画面の英語画面を利用していますが、ファイルをアップロードするボタンが日本語で表示されています。

ファイルアップロードのボタンは、ブラウザに依存しています。利用しているブラウザが日本語版の場合は日本語になり、英語版の場合は英語になります。


オンライン論文投稿・査読システム(JOERS)に関してのお問い合わせは
こちらの問い合わせフォームにご入力ください。
その他のご質問の方は、まずこちらのFAQと各種ご案内をご覧ください。