医学情報・医療情報 UMIN[ELBIS FAQ] 前回の学術集会でこのシステムを利用しました。継続利用したいのですが、どのように申し込んだらよいでしょうか。

オンライン演題登録システムFAQ(学会担当者用)


2-2. 前回の学術集会でこのシステムを利用しました。継続利用したいのですが、どのように申し込んだらよいでしょうか。
 同じ学術集会※1で2回目以降の運用の場合には、【システム運用のご案内】および【継続利用のお手続きについて】をご参照の上、継続利用オンライン申請にてお申込みください。お申込みには期限がございますので【システム運用のご案内】にてご確認の上、申込み期限までにお申込みください。
 お申込みいただきますと折り返しUMINセンター演題登録担当者より電子メールでご連絡を差し上げます。この時点で利用受け付けたことになります。

 2回目以降の運用は、1回目と比較して非常に楽です。打ち合わせ等も原則としてしておりません。ただし、前回とやり方を大きく変えたい場合には別途打ち合わせ(電子メールでのやり取りでも可)が必要です。学会事務局、会員、UMINの3者にとって理想的な運用は毎年同じ方法をとることです。学会事務局は前の年のコピーを日付と開催場所だけ変更して会員に配布します。ホームページもほとんどコピーですみます。会員は毎年同じなのでやり方に戸惑うこともなくなり問い合わせをする必要も減ります。UMINセンターでは前年の設定をコピーして利用できます。

 前回利用された学術集会では、既に演題登録システムの管理用UMIN IDおよび連絡用メーリングリストを作成済です。今回もそのまま利用いたします。こちらの【継続利用のお手続きについて】をご参照の上、前回の担当者様より管理用UMIN IDとパスワードの引継ぎを必ず受けて下さい。もし管理用UMIN IDやパスワードが不明の際には、UMINセンターで再発行いたいますのでこちらのお問い合わせフォームにてご照会ください。

※1.同じ学術集会とは、第23日本悪性腫瘍学会総会を去年行ったとすると第24回日本悪性腫瘍学会のことを指します。同じ学会が開催していても、学術集会の規模や位置づけが異なるものは違う学術集会とみなします。例:日本悪性腫瘍学会関東地方会等