医学情報・医療情報 UMIN[ELBIS FAQ] インターネットで登録してくる人の割合はどの程度でしょうか。

オンライン演題登録システムFAQ(学会担当者用)


9-1. インターネットで登録してくる人の割合はどの程度でしょうか。
今まで演題登録を行った学会の例では、全体の8-9割がインターネットで投稿してきます。この割合は、我々の当初の予想よりもはるかに大きなものでしたが本当です。インターネットを利用できる環境にいる人は思ったより多いのです。ただし、今まで演題登録を行ってきた学会では、ほとんどオンライン投稿の締切が、フロッピーや紙での演題登録より締め切りを後にしてきたという点は考慮する必要があります。オンラインの方が手間がかからないのですから締切が遅くても当然といえば当然です。

以下は、1999年7月現在での私ども経験則です。オンラインの登録締切を1ヶ月程度、紙・フロッピーの締切をよりも後にした場合を想定しています。

・会員のほぼ全員が医師の学会でオンライン登録率は8割を切ることはない。
・看護婦(士)、パラメディカルの比率の多い学会ではオンライン登録率は下がる。
・回を重ねるに従って確実にオンライン登録率は上昇する。
・電子機器を多く使うような分野の学会(循環器内科・脳神経外科・救急医学・麻酔科等)のオンライン登録率は高い。これらの分野はオンライン登録をしている学会自体も多いので、一層にオンライン登録率が高まっています。

参考までに平成12年2月22日までに演題登録を終了した各学術集会のオンライン比率等を掲載いたします(調査件数42、うち回答数36、未回答6)。オンライン比率が少ない学術集会も少数ありますが、それは締め切りをオンラインと郵送で同じに設定したことが主たる原因であると推測しています(オンラインは期限を越えると提出できませんが、郵送では送付できてしまいますので、事実上郵送の方が期限が後ということになってしまいます。)。

学術集会名 総演題数 オンライン 郵送 オンライン比率
A 913 913 0 100.0%
B 4375 4375 0 100.0%
C 686 686 0 100.0%
D 733 733 0 100.0%
E 295 293 2 99.3%
F 4051 4021 30 99.3%
G 480 470 10 97.9%
H 213 208 5 97.7%
I 1254 1224 30 97.6%
J 1250 1215 35 97.2%
K 445 425 20 95.5%
L 650 620 30 95.4%
M 627 597 30 95.2%
N 1712 1621 91 94.7%
O 3083 2916 167 94.6%
P 276 258 18 93.5%
Q 1147 1063 84 92.7%
R 1330 1224 106 92.0%
S 163 150 13 92.0%
T 1202 1096 106 91.2%
U 2780 2500 280 89.9%
V 349 312 37 89.4%
W 4000 3500 500 87.5%
X 770 670 100 87.0%
Y 221 190 31 86.0%
Z 157 130 27 82.8%
α 600 480 120 80.0%
β 3150 2500 650 79.4%
γ 249 191 58 76.7%
δ 180 138 42 76.7%
ε 800 610 190 76.3%
ζ 1944 1480 464 76.1%
θ 713 532 181 74.6%
ι 1100 800 300 72.7%
κ 164 78 86 47.6%
λ 210 50 160 23.8%
全体総計 42272 38269 4003 90.5%